フリーエンジニアのタスク管理ツール「hitask」

エンジニアに必要なタスク管理

タスク管理を見直してできるエンジニアに!

シンプルな作りの『Jooto』

シンプルな作りの『Jooto』

複数案件もOKな『hitask』

複数案件もOKな『hitask』

日々プロジェクト案件に追われて忙しいフリーエンジニアであれば、限りある時間内でいかに効率良く仕事をこなしていくかがとても大切です。そんな人におすすめなのが「hitask」というタスク管理ツールです。このツールの良さは、日ごとのタスク管理はもちろん、時間ごと、プロジェクトごとのタスク管理も簡単にできるというところです。これを使うことによって仕事の能率を大幅にアップさせることができるでしょう。

日ごとのタスクをわかりやすく

とにかくシンプルでわかりやすいのが魅力のhitaskには複雑な機能は一切なく、タスクを管理するという目的一本に絞られているという点でとても使いやすい作りになっています。画面上でカレンダーと自分とチーム全員のタスク、その日のタイムスケジュールなどをひと目で確認できるので、視覚的に自分のその日の仕事量をすぐにイメージすることができます。
使い方ももちろん簡単で、普通のToDoリストと同じくひたすらタスクを登録していくだけです。それぞれのタスクにある期限を登録することができるだけでなく、期限をオーバーしてしまったタスクを分けて管理することができるので、仕事の優先順位も簡単に見分けられるようになります。その日のタスクはもちろんですが、明日のタスク、来週のタスク、さらにその先のタスクと、先の予定も一緒に確認することができるので、目先の仕事だけでなく自分が抱えている仕事全体のバランスを考えながら、どのような時間配分にするかを考えやすくなります。
また、毎月定期的に繰り返すタスクも登録しておくと時期が来れば促してくれるので、うっかり忘れてしまうというミスをせずに済みます。登録してあるタスクは全て自動的にその日のタイムラインに表示されます。

【hitaskはこちらから】

予定変更などがあっても、hitaskならドラッグすれば簡単にタスクを移動することができるので、スケジュール調整も簡単です。

プロジェクトごとにタスク管理

1日で行うタスクの中には、ひとつの案件だけでなくその他にもいろいろな細かい仕事が混ざり合っている場合も多いので、プロジェクトごとのタスクがどのようになっているかの全容を把握することができません。しかし、hitaskならプロジェクトごとに分けてタスク管理ができます。タスクがプロジェクトごとになっていると、納期が迫っているタスクや請求書の送付に関することなど、重要なことを確認することができるため、プロジェクト全体の進捗状況の把握が簡単にできるようになります。また、特に期限がないタスクなどもメモとして登録することができるので、それぞれのタスクについての補足情報なども把握しやすくてとても便利です。